よもぎちゃんと一緒に

よもぎちゃんに寄り添う茶トラの子猫さん。

何日か前にシェルターの玄関前に2匹で置き去りにされていました。

この子は衰弱が激しくてご飯も自力では食べれず、シリンジで強制

給餌を続けましたが、生きることができませんでした。

 

もう1匹のキジの子猫は自分でご飯を食べる事ができていますが、

慣れない場所で兄妹を亡くし、寂しそうにしているそうです。

寂しそうな子猫のためにボランティアさんがぬいぐるみを入れて

あげました。


トップページにも載せておりますが、現在北九州ノアハウスでは

猫舎も犬舎もいっぱいです。活動のための資金も不足しており、

個人の方からのお引き取りはお断りをしております。

シェルターはボランティアが常駐している訳ではありません。

日常のほとんどは代表のなっちゃんが一人で100匹近くの猫と

9匹の犬のお世話をしています。

犬の散歩、高齢や病気の猫や犬たちを病院に連れて行ったりして

長時間留守をすることもあり、その間置き去りにされた子たちは

交通事故の心配やカラスに襲われる事も十分ありえます。

そのような危険を避けるためシェルターでは完全室内飼いを実行

しています。

厳しい事を言うようですが、置き去りは無責任で危険な行為です。

 

 

 Facebook始めました!

     ↓クリック 

 特にほしい物

     ほしい物

  ☆ニャンニャンコのブログ☆
  ☆ニャンニャンコのブログ☆

ボランティアさんが撮った

写真のblog↓クリック

☆ノアハウス写真館☆
☆ノアハウス写真館☆